2009年08月06日

ねこのシアワセ/人間のシアワセ

梅雨の戻りだ冷夏だと云われつつも、やっぱり暑いですねぇ。明日はもう立秋なのですが。

一昨昨日、ごろごろするみすゞさん。
misuzu_fc_1.jpg
終日牽き紐に繋がれて、
misuzu_fc_2.jpg
食べて寝るだけの毎日。
misuzu_fc_3.jpg
「こんなんで猫はシアワセなのかねぇ」と猫好きの友人に問うてみましたが、「充分シアワセなんじゃない?毎日ごはんが食べられて、安心して眠れる環境があるんだから」との答え。まぁ確かに、食いっぱぐれもなければ車に轢かれたり病気を伝染されたりすることはないでしょうし、少なくとも外猫よりは安心な生活かも知れませんが。

一昨日、ごろごろするみすゞさん。
misuzu_fc_4.jpg
勿論、猫自身が「己れがシアワセかどうか」などと自問したりはしないでしょうし、
misuzu_fc_5.jpg
ちゃんと食べて寝て元気でいられるならばそれで良いのでしょう。
misuzu_fc_6.jpg
人間だって、その日の食べ物と、安心して眠れる寝床があれば取り敢えずシアワセですものね。最近の社会は、それすら約束してくれなくなったようですけれども…。これのどこが「先進国」「経済大国」なんでしょうねぇ。

昨日、ごろごろするみすゞさん。
misuzu_fc_7.jpg
こないだ、同じように独りでホソボソと商いをやっている友人と無駄話に花を咲かせていた時。
misuzu_fc_8.jpg
「もし人生やり直しができるとしたら」と云う話題が出ました。
misuzu_fc_9.jpg
共通の結論は「まっぴらごめん」でした。いやですよ、折角ここまでなんとか切り抜けて来たのにまたやり直しなんて。今日一日分だけでもイヤ。

やり直す前の経験が活かせる訳でもないでしょうし、己れが今よりも賢くスバラシい人間になる訳でもありません。それにやり直した結果、しでかさなかった失敗をしたり、違う行動をとってもっとヒドい結果を生まないとも限りません。

勿論、省みれば「あんなことしなければ良かった」「ここはもっとこうしておけば…」と、思い出しただけで地べたを転げまわりたいような悔恨と慚愧に充ち満ちた過去が蜿々と続いているのですが、その割には現在シアワセなのですよね〜。

それに、やり直しが利かないからこそ何十年も日々の営みをやっていられるのだとも思います。プロメテウスや賽の河原の話を持ち出すまでもなく、際限なくやらされるやり直しなど苦役以外のナニモノでもないのですから。

今日、ごろごろするみすゞさん。
misuzu_fc_10.jpg
猫がそうであるように、人間も「その日がシアワセ」なのが一番の幸福なのではないかしらん。
misuzu_fc_11.jpg
それだけで満足できるならば、無駄な欲も出ないでしょうし、それで他人を不幸にすることもないでしょう。
misuzu_fc_12.jpg
…なんて考えはダメ人間なのかも知れませんが、いいじゃあありませんかダメ人間で。みんながダメならば、嫉んだりいがみ合ったりすることもだいぶ減るのではないかしらん(笑)。
posted by くろねこ at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(ブログ上には表示されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125140883
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
-