2006年10月16日

圧力鍋で緑豆を

かかりつけの中国医のセンセのお奨めで、緑豆を1Kg買って来ました。
mung_beans01.jpg
コシの強い春雨を作るアレです。作り方分かりませんが。排毒効果があるのだとか。最近流行っている“デトックス”とか謂うヤツですな(笑)。

能書きは兎も角、食べるものは美味しくないとオハナシになりません。友人に圧力鍋を使うと早く上手くできる、と聞いて、棚の奥にしまってあるのを久々に引っ張り出してやってみました。

鍋の注意書きに「豆類は容量の3分の1以上入れてはいけません」とあるのに従い、袋の半分ほどを空け、その3倍ほどの高さにまで水を張って、蒸気が出始めてから10分間中火で煮てオシマイ。
mung_beans02.jpg
丁度好い塩梅に炊き上がりました☆

因みに、緑豆は中国では粥などに入れて食べられ、原産地のインドでも「ムング豆」として料理によく使われます。日本では「青小豆」「文豆」などと呼び、粒が揃っていることから、軽いものを量る時に分銅代わりに用いたようです。現代ではもやしとして見かけることの方が多いかも知れません。

一先ず、炊きたてに黄な粉をかけて食べてみました。
mung_beans03.jpg
口触りが“良い餡こ”そのものです。これで粒餡作ったらさぞ美味しいでしょうね〜。

翌朝には炊きたての雑穀ご飯に混ぜて賞味。
mung_beans04.jpg
これで当分は、割高な雑穀の使用量も減らせます☆

何しろ、
mung_beans05.jpg
凍らせたのがまだまだ山ほど残っているのですから(笑)。
posted by くろねこ at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日誌?
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(ブログ上には表示されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25571518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

生産者限定十勝小豆 300g
Excerpt: すぐ煮えて美味しかった!次回は1kg入りを買うぞ〜♪わりと小粒の小豆かな。こしあん作りに使用しました。これであんぱんを作りましたが美味でした。甘さ控えめでもおいしいなんて良いですね。また買いたいです。..
Weblog: 豆類の感想
Tracked: 2007-08-16 11:42
-