2012年10月14日

小鳥の餌で食慾もりもり☆みすゞにゃん

お客さまのお奨めで猫草を常備するようになって以来、布を齧る癖もすっかり直ったみすゞさんですが、この草を長持ちさせるのは意外と難しいように思います。

鉢植えになったのを買って来て数日の間は青々としていますが、…
09Sep12_P9098637.jpg

毎日昼間物干し台に出して水遣りしていても、それから1週間も経つと、だんだん先っぽが茶色く枯れて来てしまいます。
16Sep12_P9168823.jpg

そして更に1週間ばかりすると、あらかた根元まで枯れてしまったり猫に引っこ抜かれたり、で何ともみすぼらしい感じに。
10Oct12_PA108982.jpg
こうなると猫ももうあんまり食べなくなってしまいます。

一鉢2〜3百円のものとは云え、半月毎にゴミにするのもなぁ…と、何とか再利用出来ないか検討していたら、みすゞさんの元かかりつけ獣医さんだったご近所のギャラリーオーナー氏に、小鳥の餌として粟粒などを蒔くと、食べ残しが芽吹いてどんどん生えて来るから猫草になるのでは、というお話を伺って、早速験してみることに。
11Oct12_PA118987.jpg
いつも猫砂を調達しているホームセンターに売っている「小鳥の主食」。粟のほかにも稗・黍・カナリー草葦などの実が混ざっているようです。
11Oct12_PA118988.jpg
みすゞさんにはなるべく遺伝子組み換え作物とか食べさせたくないので、原料もそうなのかどうかは判りませんが一応「原産国:日本」と書いてあるものを。1kg入りで猫草の鉢×2とそんなには違わない値段。

まず、猫が食べなくなった鉢から枯れたのをだいたい取っ払ってから、土が見える程度に万遍なく蒔きます。
10Oct12_PA108983.jpg
以前、枯れたのをもしゃもしゃ生やしたまんま水遣りを続けていたら、数日して黴びてしまったことがありましたので…。

で、今の時季だと毎朝1回如雨露でさっと水遣りすること2〜3日。
10Oct12_PA108984.jpg
お!ちょこっと生えて来ましたよ☆

土の乾きが早い夏の盛りはもう1回くらいは必要かも…それと、強い直射日光に曝すとみるみる萎れますのでご注意を。

一旦生え始めると、たった1日でこんなに伸びます。
11Oct12_PA118985.jpg
ちょっとびっくりするくらいの成長振り。

茎が赤っぽいのが赤粟・赤稗と呼ばれるものなのだろうと思いますが、ある程度まで伸びたところで尖端から緑の葉っぱが突き出て来ます。
12Oct12_PA128989.jpg
朝露が珠になっていたりして綺麗。

芽吹いて4日目の朝。もう売り物の鉢と変わらない生え揃い具合。
13Oct12_PA138997.jpg
その夕方。この辺りで伸びはだいたい停まるように思えます。
13Oct12_PA138990.jpg
猫の餌のお盆に載せておきました。

5日目の朝、ごはん前に早速食べているみすゞさん。
14Oct12_PA149008.jpg
お気に召したようです☆よかった〜。
14Oct12_PA149013.jpg
ごはんもあっという間に食べ尽くして、今日も元気なみすゞさん。

何回再利用出来るのかはやってみないと判りませんが、今ある鉢4つを順繰りに与えて行けば当面はもつかな〜、と思っているところです。
posted by くろねこ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(ブログ上には表示されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
-