2013年11月02日

お気楽パスワード生成ガジェット

ねこの隠れ処の建物を全面改築した際、1階は店舗意匠も兼ねて頑丈な格子扉を出入り口に配し、裏手や2階の窓は分厚いガラスをサッシに入れた上、更に内窓も取り付けるなど防犯・防音・保温などの効果を上げるための工夫をしましたが、でも基本的にあちこち閉て切るよりも年中開けっ放しの方が好きなもので、よそのお猫さまが入口の格子の隙間から店の中に入り込んだりしていることもままあります。
misuzu_02Nov13_Q0020106.jpg
専ら座敷猫のみすゞさんは、売り場から先には出ませんけれどもね。

わたしが子供の時分には23特別区の西っ側でももっと交通量も少なく、空き地もそこここにあったりしてのんびりしていましたし、ちょこっと近所に出るくらいならばそんなにがっちり戸締まりなどしなくても問題なかったのですけれども、その後ますます東京に人が流入してうんざりするほど混み合うようになると、なかなかそういうわけにも行かなくなってしまいました。
misuzu_02Nov13_Q0020107.jpg
人にしても企業にしても、もっと地方に分散したらいいのになぁ…というのが、東京に生まれ育った者としての(聊か身勝手ながら)正直なキモチではあります。決して無理強いされるのではなく、自然にそういう流れが生まれるような世の中になればいいのになぁ、とつくづく思います。

ところで、コンピュータを使っていると特にそうなのですが、他人さまに知られたくない情報などがだだ洩れになって思わぬヒドい目に遭ったりしないよう、色々な場面でパスワードを求められることがあります。

設定したパスワードを忘れてしまうと途端に困った事態に陥りますから、どうしてもご自身やご家族などのお名前や、生年月日・電話番号など、憶えやすく忘れにくい単語や数字をそのまま使い勝ちになりますが、それは同時に他の方にも類推しやすい、というオトシアナが…その上に、1つのパスワードを色々なところで兼用なさると、万一ワルモノの手にそれが渡ってしまった時に、一挙に窮地に追い込まれることにもなりかねません。

ちょっと前に結構名の知れたお方で、TwitterやFacebookなどからクレジットカードに至るまで、ご自身のアカウントをごっそり乗っ取られた事件がありましたが、あれも比較的たやすく推測できるパスワードを使い回しになさっていたのが敗因だった、というのを読んだように記憶しています。

そんなこんなで、簡単には割り出せないようなパスワードが幾つも要ることになっても、それはとてもじゃありませんがいちいち憶えてなんかいられません。その辺をもうちょっと何とか「楽ちん」できないかしらん、と常々考えていたのですが、最近とある目的のためにやはりパスワードを取っ換え引っ換えすることを検討している際、ある朝ふと思いついて、Microsoftの表計算アプリケーションExcelで小さなガジェットを拵えてみました。

わたしがパスワードを設定する際、2つの文字列(または数字など)を交互に組み合わせた、やや長くてそれ自体は意味のない文字の並びをまず拵え、そこからその場その場で必要文字分を適宜抜き出して設定する、というやり方をよく採るのですが、それを己れのアタマの中でごそごそやる代わりに、関数を幾つか組み合わせたExcelの表にやらせる、という発想なのです。
kg01.png
つまり、2つの文字列(または数字)さえ憶えておけば、ある一定の文字数(例えば16文字とか)に限っても20種類のパスワードが作れる、というわけです。例えば、お仲間うちなどでご一緒にお使いになるパスワードの変更をメールなどでおしらせになる場合も、「イ」「ロ」「ニ」各欄に入るものを予め共有しておかれた上で、「ハ」欄に入る1〜2桁の数字だけその都度お送りになれば、暗号化されていない平文メールでもかなり安全にお受け渡しができるのではないかと(素人考えでは)思います。

ただ、当初考えていた目的には結局使わないで済むことになりましたので、どなたかのお役に立てたらいいなぁ、ということで、この際「雑記」ブログで公開しておくことにしました。

それぞれ4〜10文字の憶えやすい文字列や数字を「イ」「ロ」欄に入れると、右上3段目のように代り番こに組み合わせた8〜20文字の文字列を拵えてくれます。それのアタマから何文字目から何文字分必要なのかを「ハ」「ニ」欄に数字で指定してやると、「結果」欄にお望み通りに切り出した「パスワード」が出て来る、という仕組みです。一番左の色がついているセルを択んでコピーすれば、そのままパスワードを入力する欄に貼り付けられます(コピペを許さないシステムだと、手打ち入力せざるを得ませんが…)。
kg02.png
ご参考までに、できあがったパスワードの「暗号強度」も一応示すようにしてあります。短いものや数字部分が多いものなどは「弱」、文字も数字も字数が多くかつ全体も長ければ「強」と出ますが、厳密に中身を勘案しているわけではありませんので、あくまでだいたいの目安としてご覧ください。

文字列・数値のうちどちらかが短かったり、両方を組み合わせても必要文字数に満たなかったりする場合は、またそのアタマに戻って繰り返し、桁の上乗せをします。
kg03.png
4つの入力欄はいずれも1バイト(いわゆる「半角」)文字を入れていただくことを想定していますが、実は「イ」「ロ」欄には文字種の縛りなどかけていないため、ご覧のように「何でもアリ」で出力します(笑)。
kg04.png
もっとも、こういうパスワードが使える場面は、そんなにはないと思いますが…。インターネットではまず撥ねられますし、ね。

このガジェット「key generator
http://kuronecosiloneco.up.seesaa.net/doc/key_generator.xlsx
は、勝手に改変をお試みにならない限りはお好きにお使いいただいて構いませんし、無償でならば再配布もご自由にどうぞ(公開の場所でお配りになる場合は、なるべく前もっておしらせいただけると嬉しいです)。
misuzu_02Nov13_Q0020109.jpg
但し、これをお使いになったために万一何かトラブルが生じても、 ねこの隠れ処 は一切関知いたしかねますので、その点は予めご承知おきくださいませ〜。

「このガジェットで、みにゃさまがちょこっとでも楽ちんににゃられたらいいにゃ、と思いますにゃ〜☆」
misuzu_02Nov13_Q0020110.jpg
「もしご質問やご意見ご要望にゃどおありでしたら、左上「お品書き」一番上の「ご注文/お問い合わせ」のにゃかに、ねこの隠れ処宛てメールフォームへのリンクがございますので、お手数ですがそちらからお寄せくださいにゃ〜♡にゃるべく対応したいと思いますにゃ」
posted by くろねこ at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(ブログ上には表示されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379198316
※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
-