2016年01月15日

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます

寒中お見舞い申し上げます。
このひと月ばかり、正月十三日〆切りの仕事にかかりきりになっておりました。年初のご挨拶が大幅におそくなりましたこと、ここにお詫び申し上げます。
newyear_greeting2016.jpg
posted by くろねこ at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年07月13日

お暑うございます☆みすゞにゃん

ところによってはひどい被害を齎した颱風8号が去った途端、東京はとっても蒸し暑くなりました。
misuzu_13Jul14_IMG_5198.jpg
みすゞさんも無駄に体力消耗しないよう、店番中はたいていごろごろしてばかりですが…
misuzu_13Jul14_IMG_5199.jpg
…それでも店を閉めている間は、自由に動きまわれることもあって結構活動的です。
misuzu_13Jul14_IMG_5200.jpg

>>続き
posted by くろねこ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2013年11月02日

お気楽パスワード生成ガジェット

ねこの隠れ処の建物を全面改築した際、1階は店舗意匠も兼ねて頑丈な格子扉を出入り口に配し、裏手や2階の窓は分厚いガラスをサッシに入れた上、更に内窓も取り付けるなど防犯・防音・保温などの効果を上げるための工夫をしましたが、でも基本的にあちこち閉て切るよりも年中開けっ放しの方が好きなもので、よそのお猫さまが入口の格子の隙間から店の中に入り込んだりしていることもままあります。
misuzu_02Nov13_Q0020106.jpg
専ら座敷猫のみすゞさんは、売り場から先には出ませんけれどもね。

わたしが子供の時分には23特別区の西っ側でももっと交通量も少なく、空き地もそこここにあったりしてのんびりしていましたし、ちょこっと近所に出るくらいならばそんなにがっちり戸締まりなどしなくても問題なかったのですけれども、その後ますます東京に人が流入してうんざりするほど混み合うようになると、なかなかそういうわけにも行かなくなってしまいました。
misuzu_02Nov13_Q0020107.jpg
人にしても企業にしても、もっと地方に分散したらいいのになぁ…というのが、東京に生まれ育った者としての(聊か身勝手ながら)正直なキモチではあります。決して無理強いされるのではなく、自然にそういう流れが生まれるような世の中になればいいのになぁ、とつくづく思います。

ところで、コンピュータを使っていると特にそうなのですが、他人さまに知られたくない情報などがだだ洩れになって思わぬヒドい目に遭ったりしないよう、色々な場面でパスワードを求められることがあります。

設定したパスワードを忘れてしまうと途端に困った事態に陥りますから、どうしてもご自身やご家族などのお名前や、生年月日・電話番号など、憶えやすく忘れにくい単語や数字をそのまま使い勝ちになりますが、それは同時に他の方にも類推しやすい、というオトシアナが…その上に、1つのパスワードを色々なところで兼用なさると、万一ワルモノの手にそれが渡ってしまった時に、一挙に窮地に追い込まれることにもなりかねません。

ちょっと前に結構名の知れたお方で、TwitterやFacebookなどからクレジットカードに至るまで、ご自身のアカウントをごっそり乗っ取られた事件がありましたが、あれも比較的たやすく推測できるパスワードを使い回しになさっていたのが敗因だった、というのを読んだように記憶しています。

そんなこんなで、簡単には割り出せないようなパスワードが幾つも要ることになっても、それはとてもじゃありませんがいちいち憶えてなんかいられません。その辺をもうちょっと何とか「楽ちん」できないかしらん、と常々考えていたのですが、最近とある目的のためにやはりパスワードを取っ換え引っ換えすることを検討している際、ある朝ふと思いついて、Microsoftの表計算アプリケーションExcelで小さなガジェットを拵えてみました。

わたしがパスワードを設定する際、2つの文字列(または数字など)を交互に組み合わせた、やや長くてそれ自体は意味のない文字の並びをまず拵え、そこからその場その場で必要文字分を適宜抜き出して設定する、というやり方をよく採るのですが、それを己れのアタマの中でごそごそやる代わりに、関数を幾つか組み合わせたExcelの表にやらせる、という発想なのです。
kg01.png
つまり、2つの文字列(または数字)さえ憶えておけば、ある一定の文字数(例えば16文字とか)に限っても20種類のパスワードが作れる、というわけです。例えば、お仲間うちなどでご一緒にお使いになるパスワードの変更をメールなどでおしらせになる場合も、「イ」「ロ」「ニ」各欄に入るものを予め共有しておかれた上で、「ハ」欄に入る1〜2桁の数字だけその都度お送りになれば、暗号化されていない平文メールでもかなり安全にお受け渡しができるのではないかと(素人考えでは)思います。

ただ、当初考えていた目的には結局使わないで済むことになりましたので、どなたかのお役に立てたらいいなぁ、ということで、この際「雑記」ブログで公開しておくことにしました。

>>続き
posted by くろねこ at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2013年06月28日

お客座蒲団でお寛ぎ☆みすゞにゃん

昨日今日と梅雨の晴れ間の東京です。暑さは一頃よりはだいぶマシですが、でもやっぱりもう夏ですね。
misuzu_28Jun13_P6289641.jpg
みすゞさんは麻袋で拵えた爪磨ぎ器や寝床の上でうつらうつらしていることが多いです。
misuzu_28Jun13_P6289642.jpg
ばーりばーりと爪磨ぎしてもそう簡単には破れない丈夫さが重宝していますが、寝心地の点ではやはり座蒲団の方が上らしく、
misuzu_27Jun13_P6279625.jpg
帳場に上がられたお客さまがお帰りの後には、すかさずそこに転がります。

>>続き
posted by くろねこ at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2013年04月26日

みすゞにゃん葉書@開店6周年

真夏日が来たかと思えばまた冬のような寒さに見舞われたり、と何だか調子の狂うこの春の東京ですが、今日はぽかぽかとよいお天気でした。
misuzu_26Apr13_D9F25EF0-1A08-4E0A-90E0-BF471132BFF3.jpg
日向ぼっこ満喫中のみすゞさん。

misuzu_26Apr13_857F89F0-21B6-4166-A81B-68AA9522D550.jpg
「んでも今日は風がやたら強いにゃ〜」

misuzu_26Apr13_603E0AC9-68DB-49D2-8840-DDEB3E6B8E55.jpg
「これじゃ窓は開けていられにゃいにゃ…」

>>続き
posted by くろねこ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年12月24日

続・『その儘使へる繪と實用圖案文字』の謎

前回の記事を載せてから、いつの間にやらもう10箇月あまり…本人も含めてもうすっかり忘れてしまっていた話で恐縮ですが、お約束したからには、ということで続きを。

2月の記事の最後にちらと書いた、別の版元から3年早く同名の本というのがこれ。
22Dec12_e_to_jitsuyou_zuan_moji01.jpg
十時柳江著『その儘使へる繪と實用圖案文字』(昭和2年4月25日 弘文社刊)です。

近代文藝社版の表紙は、用紙や箔押しの色は異なるものの、この本のデザインをそっくり踏襲したことが判ります。
22Dec12_e_to_jitsuyou_zuan_moji02.jpg
弘文社版はこの1冊しか見たことがないため、近代文藝社版のように色違いの表紙があるのかどうか、また外箱の意匠はどうだったのかは今のところ判っていません。

表紙のみならず、見返しの紙もだいぶ違います。
22Dec12_e_to_jitsuyou_zuan_moji03.jpg
シンプルな真黒の方が弘文社版。

>>続き
posted by くろねこ at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年12月07日

旧万世橋駅前看板建築見学(その2)

前回の記事掲載が10月1日でしたから、もうだいぶ経ってしまいましたが「遅くともせぬよりはマシ」ということで、神田須田町にあった看板建築内覧会の続きを。

2階の道路側…つまりかつて万世橋駅に面していた側には居間がありました。
kashiyama_house048.jpg
凝った意匠の硝子障子は、お手入れがちゃんとされていました。
kashiyama_house050.jpg
せめて建具だけでも、壊されずにどこかで再利用されていればよいのですが…。

入って左手には両側に脇棚を備えた床の間。年代物の家具調テレビがぽつんと置かれていました。
kashiyama_house051.jpg
>>続き
posted by くろねこ at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年10月14日

小鳥の餌で食慾もりもり☆みすゞにゃん

お客さまのお奨めで猫草を常備するようになって以来、布を齧る癖もすっかり直ったみすゞさんですが、この草を長持ちさせるのは意外と難しいように思います。

鉢植えになったのを買って来て数日の間は青々としていますが、…
09Sep12_P9098637.jpg

毎日昼間物干し台に出して水遣りしていても、それから1週間も経つと、だんだん先っぽが茶色く枯れて来てしまいます。
16Sep12_P9168823.jpg

そして更に1週間ばかりすると、あらかた根元まで枯れてしまったり猫に引っこ抜かれたり、で何ともみすぼらしい感じに。
10Oct12_PA108982.jpg
こうなると猫ももうあんまり食べなくなってしまいます。

>>続き
posted by くろねこ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年09月04日

悩ましきメールアドレス

もう9月、今年も残すところあと4箇月足らずとなりましたが、今週の金曜にはもう白露だというのにいつまでも蒸し蒸しと暑いですね。いい加減飽きて来ました。

それでも朝晩はだいぶ秋らしくなって来ました。餡この美味しい季節です。
misuzu_03Sep12_01.jpg
大好物のお菓子を頂戴してご満悦のみすゞさん。
misuzu_03Sep12_02.jpg
「これがもー堪らにゃい美味さにゃんだにゃ☆」
misuzu_03Sep12_03.jpg
うまうまうまうま。

>>続き
posted by くろねこ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年07月25日

毛玉コレクション☆みすゞにゃん

暑中お見舞い申し上げます。3〜4日少し膚寒いくらいの涼しさになって楽だったのが、またぞろ蒸し暑さがぶり返した東京です。こう毎日蒸し蒸しべたべたすると、何もする気が起きませんね。

どんなに暑かろうと毛皮の脱げないみすゞさんも、例によってバッタリ倒れたまんま店番を勤めているのですが、
misuzu_25Jul12_01.jpg
階段に抜け毛の塊がころころしている上に、今朝は久し振りに毛玉を吐いたので、毛を梳いてやることにしました。
misuzu_25Jul12_02.jpg
いやぁ、出て来る出て来る…
misuzu_25Jul12_03.jpg
いつものことながら感動するほどごっそりと、ほわほわした毛が掻き集まって来ます。

>>続き
posted by くろねこ at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年02月06日

昭和初期のカット+図案文字の本『その儘使へる繪と實用圖案文字』の謎

先日オンライン店舗ブログに品出しした『その儘使へる繪と實用圖案文字』という本、
05Feb12_P2058472.jpg
具に眺めていると幾つか気がつくことがあります。

先ずは掲載内容の一部に地域性が感じられること。

浴衣は18世期末頃から江戸で湯屋の普及に伴って流行したそうですが、明治に入るとその柄が一挙に増え、再度の流行を見たそうです。
06Feb12_P2068500.jpg
それが地方にも広まって行ったのでしょうが、東京で「東京ゆかた」と銘打っては売らないでしょうから、これは別の地域での宣伝だろうという想像が出来ます。

こちらははっきり「関西大歌舞伎」とありますので、より明確ですね。昭和33年まで千日前にあった大阪歌舞伎座が出来たのは昭和7年だそうですから、この本の出た5年には未だなかったことになりますが、この「改築」というのは中座などの所謂道頓堀五座で行われたものだったのでしょうか。
05Feb12_P2058473.jpg
「少女歌劇」は勿論、大正3年の公演開始当初からその呼び名を使っている宝塚少女歌劇団のそれを指すのでしょう。現在も続くレヴューやミュージカルは、早くも昭和2年から上演が始まっているそうです。

>>続き
posted by くろねこ at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年01月02日

改めて新年のご挨拶

…ということで、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。今年の賀状の図柄です。
new_year_greeting_card12.jpg
今年の年賀葉書は、去年お便りなど頂戴した方やお名刺をいただいた方などに限ってお送りしました。悪しからずご諒承願います〜。

勿論、これからでもお葉書をくださる方には折り返しお送りいたします☆
misuzu_020112_01.jpg
ねこの隠れ処は陰暦で動いているので、実は未だこれから「年末」なのですけれどもね(笑)。
misuzu_020112_02.jpg
そうそう、今月23日(月)が元日に当たりますので、この日は定休日として休みます〜。

>>続き
posted by くろねこ at 19:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2011年12月23日

辻克己氏の図案文字本『応用図案文字集』

先日オンライン店舗に出した『応用図案文字集』(辻克己編著 昭和25年10月 大同出版社)は、昭和33年8月に重版が出ています。
23Dec11_PC237930.jpg
ご覧の通り、判型はだいたい同じくらいですが、デザインが随分と違います。
23Dec11_PC237932.jpg
細かく見ると、表紙の幅が5mmくらい狭くなり、板紙の厚さも約2mmから約1mmへと薄くなっています。
23Dec11_PC237931.jpg
ぱっと見の印象がだいぶ違いますが、売れ行きを意識しての変更なのかしらん。初版の方は較べるもなく地味ですものね…。

>>続き
posted by くろねこ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年08月23日

ぷにぷに肉球@みすゞにゃん

近頃200人近くに増えたみすゞさんのツイッターフォロアの方の一部から「肉球が見たい」とのお声が、と本にゃんから聞きましたので、早速久々に撮ってみることに。
misuzu_230811_01.jpg
前回撮ったのは未だ仔猫だった頃、友人の造形作家佐山さまにみすゞさん像を拵えていただいた時にその資料としてお渡しするためでした。もう4年以上も前のことです。

さておき、猫というものはいざ撮影しようとするとぷいと横を向いたり隠れてしまったり、得てしてこちらの思うようには被写体になってくれないものですが。
misuzu_230811_02.jpg
案の定、「遊べ〜」とか云ってころんころんやり始めたりして、なかなか撮らせてくれません。
misuzu_230811_03.jpg
もー、己れで話をこちらへ振った癖に〜。

>>続き
posted by くろねこ at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月26日

麻袋製寝床へ潜り込み☆みすゞにゃん

ここ数日、東京でも夏真っ盛りのような暑さが続きましたが、今日は陽射しもなく過ごしやすい気温です。
misuzu_260611_01.jpg
連日だら〜んと伸び切っていたみすゞさんも、店主らしくしゃっきりしていますね。

さて、年間を通してみすゞさんが愛用している珈琲豆用麻袋製の寝床。
misuzu_260611_02.jpg
猫が入っていない時は、中身を入れる前の稲荷寿司の揚げみたいにぺたーんとしているので、先日お客さまから「どうやって入るんですか?」とのお尋ねが。

ではここで本にゃんに実演して貰いましょう。
misuzu_260611_03.jpg
「にゃに?実演するの?わたしが???」

…って、他に実演できるヒトはいないでしょ。

>>続き
posted by くろねこ at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年04月15日

うにゃうにゃモード☆みすゞにゃん

今日は店を開ける時刻がいつもよりもだいぶ遅かったため、みすゞさんも邪魔が入らずたっぷりお午睡できたようです。

しかもどなたもお見えにならなかったこともあって、元気が有り余っている模様。
misuzu_110415_01.jpg
そろそろ店を閉めようかという段になって、炬燵卓の上でごろごろうにゃうにゃし始めました。
misuzu_110415_02.jpg
お客さまがいらっしゃる時にはまずやらないので、連続写真にてお愉しみください☆
misuzu_110415_03.jpg

>>続き
posted by くろねこ at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年09月24日

黒電話が好物☆みすゞにゃん

みすゞさんについて、以前から「何故だろう?」と思っていることのひとつに、
misuzu_gx_1_l.jpg
「黒電話好き」というのがあります。
misuzu_gx_2_l.jpg
こちらから電話をかけたり、受けた電話が長引きそうだったりする時に電話機を座卓の上に移すのですが、
misuzu_gx_3_l.jpg
そうすると決まって猫がこれを舐め始めます。

>>続き
posted by くろねこ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年06月09日

4歳になりました☆みすゞにゃん

やはり偶には猫の写真も載せないと、ということで、2日に4回目の生誕記念日を迎えたみすゞさんの姿をどうぞ☆
misuzu_gf_1_l.jpg
どうでしょう、少しは大人っぽくなったでしょうか。
misuzu_gf_2_l.jpg
…って、もうとっくに大人の筈なんですが…やっていることはそれほど変わっていない気が。
misuzu_gf_3_l.jpg
あ、でもにゃん毛布がぼろぼろになったのでヤメにして…

>>続き
posted by くろねこ at 22:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2009年08月06日

ねこのシアワセ/人間のシアワセ

梅雨の戻りだ冷夏だと云われつつも、やっぱり暑いですねぇ。明日はもう立秋なのですが。

一昨昨日、ごろごろするみすゞさん。
misuzu_fc_1.jpg
終日牽き紐に繋がれて、
misuzu_fc_2.jpg
食べて寝るだけの毎日。
misuzu_fc_3.jpg
「こんなんで猫はシアワセなのかねぇ」と猫好きの友人に問うてみましたが、「充分シアワセなんじゃない?毎日ごはんが食べられて、安心して眠れる環境があるんだから」との答え。まぁ確かに、食いっぱぐれもなければ車に轢かれたり病気を伝染されたりすることはないでしょうし、少なくとも外猫よりは安心な生活かも知れませんが。

>>続き
posted by くろねこ at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年08月01日

ビミョ〜なにゃんちタイム★みすゞにゃん

他の種類の獣については、飼ったことはないのでよく判りませんが、少なくとも室内飼いをしているうちの猫について言えば、ほとんど異臭がしないのは大変ありがたいことです。

勿論、鼻を近付けて嗅いでみれば多少は猫の臭いがするのですが、日常生活でそれが気になることはまずありません。しかし、…
misuzu_fb_1.jpg
「出るもの」はやはりそれなりにキョーレツな臭いがします。
misuzu_fb_2.jpg
「にゃんしょん」は猫砂に吸収されるとほどなく臭わなくなるので良いとして、
misuzu_fb_3.jpg
「にゃんち」だけは、正直なところ店を開けている間にはあんまり「産み落とし」て欲しくないものです(笑)。

で、実際のところ、ありがたいことにみすゞさんが営業時間中に「産み落とす」ことはあんまりないのですけれども…

>>続き
posted by くろねこ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
-